妊娠・出産

無痛分娩の出産レポート!痛さってどれくらい?2回産んだらメリットとデメリットを味わい尽くしちゃった話

birthrepo

無痛分娩での出産レポートについてまとめています。

わたしは長女と次女を無痛分娩で出産しました。

お産は100人いれば100通りあると言われますが、わたしが経験した2回の無痛分娩は全く経過や痛みが異なるものでした。

当時の様子を詳しくレポートします。

ちょっと長くなりますが、想定外のコトがたくさん起こるヤバイお産だったので最後までゆっくりお読みくださいね。

この記事はこんな人に読んでほしいです。

  • 出産を控えている方
  • 無痛分娩に興味がある方
  • 無痛分娩のメリットとデメリットを知りたい方
  • 無痛分娩の痛みがどのくらいか知りたい方

これから出産を控えている妊婦さんにおすすめなのがAmazonベビーレジストリです。

無料で登録するだけで、ベビー用品が最大10%OFFでゲットできたり、出産準備お試しBoxがタダでもらえちゃう太っ腹なサービスなんです。

\ベビー用品が最大10%OFF/
無料のAmazonベビーレジストリに登録する

babyregistry
Amazonベビーレジストリでベビー用品が10%OFF!出産準備お試しBoxもタダでもらえちゃうよAmazonベビーレジストリのお得な特典と、無料でもらえる出産準備お試しBOXについてまとめています。 Amazonベビーレジストリは...

無痛分娩ってなに?

osann

無痛分娩とは、麻酔を使って出産のときの痛みを和らげる方法のことです。

一般的には「硬膜外鎮痛」と呼ばれる方法で痛みを和らげます。

硬膜外鎮痛法とは、背骨のところにある「硬膜外腔」という場所に細くて柔らかい管(直径1mmぐらい)を入れ、管から薬を注入して痛みをとる方法です。お産の痛みを伝える神経は背骨の中に集まります。硬膜外腔に注入された薬は、その背骨の中の神経をブロックし、産痛を抑えます。硬膜外鎮痛法は無痛分娩のときのみに用いられる方法ではなく、手術や手術後の痛み止めの目的で日常的に使われている方法でもあります。

日本産科麻酔学会HPより

わたしもこの方法で無痛分娩をしました。

ポイントは、痛みをなくす方法ではなく痛みを和らげる方法であること

ヨメ
ヨメ
全然痛くないならラクショー!と思ってると、大変なことになります…

日本には約2400の分娩施設があり、そのなかで無痛分娩を行う施設は約30%です。

日本で無痛分娩をする人の割合は年々増えているんだそうです。

帝王切開を含むすべての分娩のうち、無痛分娩だった割合は2007年で2.6%、2016年には6.1%に増えています。

年間約5万人以上の妊婦さんが無痛分娩を行なっていることになります。

ヨメ
ヨメ
わたしの友人にも無痛分娩で出産した人が何人もいます!

長女の出産レポート

cyoujyorepo

2016年冬に生まれた長女の出産レポートです。

終わってみれば安産でしたが、初産ということもあり不安でいっぱいのお産でした。

陣痛のはじまり、病院へ行ったけど帰される?!

予定日を3日ほど過ぎたさむい冬の夜…

ついにその日がやってきた!

深夜23時、そろそろ寝ようか…とベッドに入ったら、急にギューっと痛み出す子宮。

ウワサでは陣痛は少しずつ痛くなると聞いていたのに、いきなりめちゃくちゃ痛い。でも我慢できるぐらい。

このときの陣痛間隔は12分。

自宅が病院と近いこともあり、陣痛間隔が10分をきったら病院に連絡するように言われていました。

おしるしも来てないし、破水もしていない…

これは陣痛でいいんだよね?と不安になりながら、リビングとキッチンを行ったり来たりして痛みを紛らわせていました。

深夜0時、いよいよ痛みがヤバイ。

子宮の収縮が強すぎて、まともに立って歩けない。

コレは陣痛だ!と確信をもって陣痛間隔を測ってみたらなんと3分

ヨメ
ヨメ
ヤバイ!もう生まれちゃうんじゃない?!

病院に電話をしたらすぐに来てくださいとのことだったので、入院セットを車に積んで夫に病院まで送ってもらいました。

病院でNST(ノンストレステスト)をつけて陣痛間隔を測ってみると10分ぐらいとのこと。

ヨメ
ヨメ
あれ?病院についたら痛みがマシになったような…
助産師さん
助産師さん
まだ子宮口が全然開いてないので、お家に帰っていいですよ~
ヨメ
ヨメ
もう産む気マンマンだったのに~~!

本格的な陣痛のはじまり、入院するも麻酔はまだ?!

家に帰ると、痛みがぶり返してきました。

寝ようと思っても眠れず、夫の腕をつねったり、背中をたたいたりして気をまぎらわせていましたがもう痛みに耐えられず限界…

早朝5時に再度病院に電話して、再度診察を受けました。

お医者さん
お医者さん
陣痛間隔が7分で、子宮口もすこ~し開いてきたので入院しましょう。
ヨメ
ヨメ
やっとこの痛みから解放される…! 

と思ったのですが…

お医者さん
お医者さん
子宮口がもう少し開いたら無痛分娩の麻酔を入れましょうね~
ヨメ
ヨメ
マ、マジですか…

このとき子宮口はまだ3cm。全開の10cmにはほど遠いです。

子宮口が十分に開いていない状態で麻酔を入れてしまうと、お産の進みが悪くなるんですって。

このときまだ麻酔を入れてもらえないのか…と絶望したのを覚えています。

まだすぐには産まれないだろうとのことで、付き添っていた夫は会社に行きました。

それから4時間、分娩室に運ばれる他のママの気配を感じながら一人で陣痛に耐えていました。

そして午前10時、陣痛間隔6分、子宮口径6cmのときにやっと麻酔を入れてもらえました

ヨメ
ヨメ
麻酔を入れてもらうまでが長かった…

無痛分娩開始、人工破水からのついに出産!

無痛分娩の麻酔は、背骨に細い管を入れます。

そのためにはベッドの上で横を向きながら体育座りのような姿勢をする必要があるんですね。

お腹が大きいので、結構この姿勢がツライ…

お医者さん
お医者さん
変なところに刺さると危ないからしっかり丸まって!怒
ヨメ
ヨメ
ひいぃ…

管を指す痛みはチクッ!程度。陣痛の痛みに比べたら、全然痛くありませんでした。

麻酔を入れてから20分ほど経つと、陣痛のツライ痛みはほとんどなくなりました

痛みはないけど、陣痛がきている感覚は分かる感じ。

ヨメ
ヨメ
わたしはコレを待っていた…無痛分娩サイコー…

それから1時間ごとに麻酔を追加して、子宮口が開くのを待っていました。

夕方16時、今晩中には産まれそうとのことで、夫が会社を早退してきて付き添い。

そしてついに陣痛間隔3分、子宮口全開!いざ分娩室へ!

と思ったのだけど、まだこのとき破水してなかったんですよね。

助産師さんがお股に手を入れて、人工的に破水をしてくれました

そしてついに分娩台にあがって約2時間後…

お医者さん
お医者さん
そろそろ生まれますよ~いきんで~!
ヨメ
ヨメ
(マジですか…全然生まれそうな感じないしいきめてるか分かんないんだけど…)うーん!(勘ww)
お医者さん
お医者さん
生まれましたよ~!かわいい女の子です~

というわけで、最後は産んだ感覚がほとんどなく生み落としました

でもへその緒がついた小さな小さな赤ちゃんを見た瞬間、涙があふれてきて号泣…

その後も号泣、そしてその後も号泣…

約10ヶ月間ずっと会いたかった赤ちゃんに会えたうれしさと、やっと出産が終わった…という安心感で涙と興奮が止まりませんでした。

ヨメ
ヨメ
ちなみに夫は出産の瞬間、寝不足であくびしてたんですけどおい(笑)

次女の出産レポート

jijyorepo

2019年冬に生まれた次女の出産レポートです。

2回目のお産だから大丈夫っしょ!と余裕ブッかましていましたが、終わってみれば初産よりも大変なお産となりました。

陣痛のはじまりと破水、そしていきなり入院?!

予定日を6日ほど過ぎたさむい冬のお昼。

明後日までに陣痛がこなければ薬で陣痛を誘発して無痛分娩をすることが決まっていました。

なので、自然にお産が来るように動くぞ~!と家事をがんばっていました。

今日はお腹が張るなぁと思って、陣痛間隔を測ってみたら10分間隔ぐらい。

今回もおしるし&破水なしで陣痛がはじまりました。

ぬれた洗濯物が残っていたので干してから病院に連絡しようと思っていたら、だんだん痛みが強くなって激痛!

でも自力で立って移動できるぐらいの痛さだったので、まだまだ生まれないだろうな~と余裕をブッかましていました。

病院に連絡したときには陣痛間隔が8分ほどに。

夫はまだ会社で仕事中だったので、自力でタクシーを呼んで、自力で入院セットを持って、自力で病院の診察室まで行きました。

ヨメ
ヨメ
今考えると、2人目の余裕すごいなわたし…

病院に着いて助産師さんがグリグリ内診をすると…

助産師さん
助産師さん
今破水してますよ~入院しましょ~
ヨメ
ヨメ
展開が早すぎる…想定外!

ここで初めて夫に電話で連絡をしました。

夫
もう病院にいるの?破水したの?もう陣痛間隔5分?!

夫には長女を保育園に迎えにいってもらい、じじばばに連絡して長女を預かってもらいました。

本格的な陣痛がくるも麻酔をしてもらえない?!

夫が到着したのが17時すぎ。

陣痛に気づいてからここまで、1時間半しか経っていません!

経産婦はお産の進みが比較的早いとは聞いていましたが、ここまでとは驚きました。

あとは無痛分娩の麻酔をして産むだけだ…とちょっと安心していたら、ズシーン!ズシーン!とゾウに上からお腹を押しつぶされるような激痛が!そして陣痛間隔が3分に!

ヨメ
ヨメ
助産師さん早く来てください!もう赤ちゃんが出てきそうです~泣

ナースコールで助産師さんを呼ぶも、無痛分娩の麻酔をする院長が外来の診察でまだ来られないと言われてしまいました。

このとき陣痛間隔1分…

さすがにヤバイと感じた助産師さんは、麻酔の処置を行う部屋にわたしを抱きかかえるように連れて行きました。

ヨメ
ヨメ
あ゙あ゙ああああああ~!生まれる~~!(壁ドンドンドン!)

やっと到着した院長。

心の中でわたしは、マジふざけんな…と言っていたようないないような。

院長
院長
もう生まれそうなら普通分娩でもいいよね~
ヨメ
ヨメ
ムリィィィ~!麻酔なしで産むなんて怖くてイヤ~! 
院長
院長
じゃあ麻酔するときに絶対に動かないでよね!
ヨメ
ヨメ
ヒィィィ~!泣 

無痛分娩で瀕死、そしてついに出産!

麻酔を入れて数分、陣痛の痛みはウソのようになくなりました。

あぁ…助かった…と思ったのもつかの間、寒気と息苦しさを感じはじめました

ヨメ
ヨメ
寒い…息苦しい…助産師さんわたし死んじゃうんですか…

お腹から下は全く動かすことができず、長女のときに経験した麻酔の効き具合とは明らかに違う!と感じました。

幸い意識もあり、苦しいながらも呼吸はできていました。

自分で動けないので、助産師さんにタンカーで連れられて分娩室へ。

助産師さん
助産師さん
はい、いきんでくださいね~

いや全然感覚ないわ…と思いつつがんばる演技をしていたところ、小さくて元気な女の子が産まれました。

長女のときは感動で胸がいっぱいになっていましたが、今回は赤ちゃんへ麻酔の影響はないか、異変はないかが気になって何度も院長や助産師さんに赤ちゃんは大丈夫かを確認していました。

出産後に無痛分娩の副作用をどっぷり味わう

出産後の処置も終わって入院する部屋に戻ってからも、麻酔はガッツリ効いていて、ひどい寒気が残っていました。

院長や助産師さんに麻酔の効きについて質問すると、少し効きすぎたのかもしれないと言われました。

出産当日と翌日は点滴がつながれて、安静にしているように言われました。

次の日には麻酔の効き目は切れて寒気も治りました。

でもその代わりにひどい頭痛が2日間続き、鎮痛剤を飲みながら赤ちゃんのお世話をすることになりました。

ヨメ
ヨメ
出産後にひどい頭痛に悩まされるなんて思いませんでした(泣)

無痛分娩のメリットは?

mutuumeritto

一般的に言われている無痛分娩のメリットは以下のとおりです。

  • 出産への恐怖が少なくなる
  • 出産の痛みが軽い
  • 産後の回復が早い

実際、わたしの場合はどうだったのかを順に説明しますね~

出産への恐怖が少なくなる

わたしが無痛分娩を選んだ最大の理由はコレです。

出産の痛みは鼻からスイカを出すような痛みだ!ってよく言われますよね。

妊娠前は、そんなに怖い出産なんて絶対したくないと思っていました。

でも会社で仲良くしていた先輩が無痛分娩で出産したことを知って話を聞いてみたんです。

すると「そんなに痛くなかった~」と言うではありませんか!

子どもは欲しいけど、出産の痛みが怖くて一歩を踏み出せない…という人には、背中を押してくれる素晴らしい方法だと思っています。

わたしは陣痛の痛みで苦しみはじめたときも、「もうすぐ麻酔で痛くなくなるはずだから大丈夫だ…!」と何度も自分を励ましていました(笑)

出産の痛みが軽い

実際に出産の痛みはどうだったかというと、麻酔が効いていればほとんど痛みは感じませんでした

でも当たり前ですが、麻酔をするまでが痛い(笑)

無痛分娩の麻酔は、陣痛間隔が短くなり子宮口が開いてこないとはじめることができないのでコレは我慢するしかないんですね。

次女のときはお産の進みが早すぎて、陣痛間隔1分の普通分娩のような痛みを経験しましたが、我を忘れて絶叫するほど痛かったです。

適切なタイミングで麻酔を入れてもらえれば、普通分娩よりもすいぶんと痛みは軽いはずです。

産後の回復が早い

無痛分娩は産後の回復が早いと言われています。

それは、陣痛で痛みに耐える疲労が少ないからです。

でも実際産んでみた感じでは、出産直後は無痛分娩でも相当疲労感を感じます。

長女のときはギリギリ歩くことはできるけど、もうグッタリ…

もしわたしが普通分娩で産んでたら、起き上がれなくなっていたかもしれません(笑)

無痛分娩のデメリットは?

mutuudemeritto

一般的に言われている無痛分娩のデメリットは以下のとおりです。

  • 麻酔による副作用が起きる可能性がある
  • 追加で出産費用がかかる

実際、わたしの場合はどうだったのかを順に説明しますね~

麻酔による副作用が起きる可能性がある

病院では細心の注意をはらって麻酔をしていますが、もちろん麻酔による副作用もあります。

わたしが2回の出産で感じた副作用は次の6つです。

  • 足の感覚が鈍くなる
  • なんか気持ちが悪い
  • 尿をしたい感じが弱い
  • 寒気
  • 呼吸がしにくい
  • 頭痛

この中で症状が重いと感じたのは、次女の出産のときに感じた「寒気・呼吸がしにくい・頭痛」です。

お医者さんと助産師さんに原因を聞いたところ、次のようにおっしゃっていました。

  • 麻酔の量が少し多かった可能性がある
  • 麻酔をするときに硬膜を傷つけた可能性がある

わたしのように陣痛がMAXのときに麻酔をすると、お医者さんは暴れる妊婦を抑えながら手早く麻酔をする必要があります。

そうすると麻酔の量が少し多くなってしまったり、お医者さんの手技が安定しなかったりする可能性が高くなってしまうんですね。

ヨメ
ヨメ
(心の声)だったら外来診察を抜け出してもう少し早く来てくれよ…

追加で出産費用がかかる

わたしの場合、無痛分娩の費用は普通分娩のプラス10万円でした。

基本的に無痛分娩は保険適用外の処置です。

出産をする場所によって費用は変わってきますので、事前によく確認をしてくださいね。

1人目を産む前はプラス10万円なんて高いなぁと思っていました。

ですが実際に出産を経験してみると、10万円であのゾウに腹を踏まれるような痛みがほぼなくなるなら安いもんだ!と思っているわたしがいます。

たぶんないと思いますが、3人目を産むならもちろんまた無痛分娩を希望します。

無痛分娩を選ぶときに注意したいこと

mutuucyuui

無痛分娩を選ぶときに注意したいのは次の3つです。

  • 365日24時間対応かどうか
  • 計画分娩(誘発分娩)かどうか
  • 実績は十分か

365日24時間対応かどうか

わたしが出産した個人の産婦人科クリニックは、365日24時間無痛分娩の対応をしていました。

なのであらかじめ希望をしていれば、夜中に陣痛が起きても麻酔を入れて無痛分娩をすることができます。

ですが、このようにいつでも無痛分娩に対応できる体制が整っている施設は実はそんなに多くありません。

限られた曜日や時間帯にしかできないという施設が多いのが現状です。

総合病院で無痛分娩で出産予定だったわたしの友人は、陣痛が来たときに麻酔科のお医者さんがいなくて、結局麻酔なしで産んだ…と言っていました。

絶対無痛分娩で産みたい!という人は、365日24時間無痛分娩の対応をしている施設を選ぶようにしましょう。

計画分娩(誘発分娩)かどうか

無痛分娩には2種類あります。

  • 自然に陣痛がきてから麻酔をする方法
  • 計画的に薬で陣痛を誘発してから麻酔をする方法

365日24時間無痛分娩の対応をしている施設の場合は、自然に陣痛がきてから麻酔をすることが可能です。

ですが限られた曜日や時間帯にしかできないという施設の場合、希望している妊婦さんがなるべく無痛分娩を受けられるように、計画的に分娩を進める場合が多いんだそうです。

わたしが出産した病院では、基本的に自然に陣痛がきてから麻酔をする方法です。

正産期が過ぎても陣痛がこない場合は、薬で陣痛を誘発して無痛分娩を行うことになっていました。

出産予定の病院はどちらのパターンなのか、しっかり確認するようにしましょう。

実績は十分か

無痛分娩で行われる硬膜外鎮痛という処置は、やや難しい処置と言われています。

処置を間違うと、妊婦さんへの副作用や後遺症を残すことになります。

なので、出産予定の病院は無痛分娩が実績が十分あるのかを確認するようにしましょう。

無痛分娩の出産レポートまとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。簡単にまとめると、

  • 無痛分娩は麻酔を入れるまでけっこう痛い
  • 麻酔が効いたら天国
  • ひどい副作用が出る場合もある

これから出産を控えている妊婦さんにおすすめなのがAmazonベビーレジストリです。

無料で登録するだけで、ベビー用品が最大10%OFFでゲットできたり、出産準備お試しBoxがタダでもらえちゃいます。

\プレママ&赤ちゃんがいるなら必須!/
無料のAmazonベビーレジストリに登録する

詳しくはこちらでまとめています。

babyregistry
Amazonベビーレジストリでベビー用品が10%OFF!出産準備お試しBoxもタダでもらえちゃうよAmazonベビーレジストリのお得な特典と、無料でもらえる出産準備お試しBOXについてまとめています。 Amazonベビーレジストリは...

出産内祝いにおすすめ!久世福商店のギフトについてはこちらでまとめています。

kuzehukugift
久世福商店のギフト口コミと評判|プレゼントや内祝いで喜ばれるこだわりの逸品久世福商店のギフトの口コミと評判をまとめました。 先日あるお祝いで『久世福商店』のギフトをいただきました。 久世福商店は、簡単に言う...

インスタで大人気!おしゃれなベビー服エルモ(ELMO)の口コミはこちらでまとめています。

elmoeye
エルモ(ELMO)の子供服の口コミと評判|実際にインスタで人気の海外子供服を買ってみたインスタで人気のエルモ(ELMO)の子供服の口コミと評判をまとめました。 最近インスタでおしゃれさんたちがよく着ているブランドと言った...
ヨメ
ヨメ
ツイッターではブログの更新情報をお知らせしています♪ヨメ(@baribariyome)をフォローしてみてね~

ABOUT ME
ヨメ
夫婦で脱サラをして東北の田舎に移住しました。実家の農業を継いで農業修行をしています。2人の娘・夫と4世代同居中。 会社員時代の経験や子育ての悩み、田舎ぐらしの楽しみ方を実体験を元にまとめています。