子育ての悩み

子供が受験に失敗した時これだけは言わないで!私が15歳の時に経験したこと

高校受験の季節になりました。
受験生をもつ親御さんは、合格発表の日まで何とも言えない複雑な気持ちで過ごされているのではないかな?とお察しします。

私が高校受験をしたのは、約15年前。
今の姿からは想像つかないピュアな女子中学生でしたが、「高校受験に失敗する」ということを経験しました。

ヨメ
ヨメ

15年も前のことなのに、当時のことは今でも鮮明に覚えているよ。

本日は、子供が高校受験に失敗した時に、これだけは言わないでほしい!と感じた経験談をお話します。

人格を否定すること

不合格の結果を知った母は、私に向かってこう言いました。
「お前は昔から何やってもダメだ。」

これは、私の人格や能力を、全て否定する言葉です。
確かに私は高校受験でダメな結果でした。しかし、それまで私がしてきたことは、決してダメなことばかりではありません。

それから私は、「私はどうせ何をやってもダメな人間なんだ。」と思うことが多くなりました。
また、楽しく母と話をしている時でさえも、「母は私のことをダメな人間だと思っているんだな。」と心の奥で思うようになりました。

他人と比べること

母は、こんなことも言いました。
「あなたの姉は賢かったし、周りの言うことを聞いて合格できる高校を受験したわよ。」

これは、兄弟を比較して、私が劣っていることを示す言葉です。
確かに姉は賢かったし、高校受験で合格しました。しかし、そのことは私が受験で失敗したことと何の関係もありません。

それから私は、「母は姉が一番大事で、私のことはどうでもいいんだな。」と思うようになりました。無意識のうちに姉を敵対視するようになり、今でも姉との関係は良くありません。

他人のせいにすること

母はこんなことも言いました。
「○○ちゃんが受験の当日緊張しないように、友達のあなたを一緒に受験させたんだ。あなたは先生に利用されたんだ。」

これは、受験の失敗を学校の先生や友人のせいにする言葉です。
もちろん、私が受験に失敗したのは先生や友人のせいではありません。私が信頼していた先生や友人のことを否定されたことで、自分は何を信じればいいかわからなくなりました。

その友人とは別の高校に行くことになったので、当時は疎遠になりましたが、今では節目節目に連絡を取り合う親友です。母は今でも、友人からの年賀状を見ると嫌な顔をするんですよね。

過ぎたことを執拗に責めること

母は、受験前の私の行動について執拗に責めました。
「3年生の時に、生徒会や部活ばっかりして勉強しないからこうなるんだ。」
「テストの復習をちゃんとしないからこうなるんだ。」
「通信教育をちゃんとしないからこうなるんだ。」

確かに上記に挙げたことは事実かもしれません。でも、そのことを執拗に責めることで、子供が抱える不安や悲しみを取り除くことはできません。

最後に…私が言ってほしかったこと

高校受験から約15年経ち、振り返ってみると、母も辛かったんだろうなと思います。
初めて経験した「娘が受験失敗」という現実を、受け入れられなかったのだと思います。

私が当時、母に言ってほしかったことは「大丈夫、なんとかなるよ。」じゃないかなと思います。

高校受験に失敗した子供は、これからどうなってしまうんだろう?という漠然とした不安に押しつぶされそうになっています。
なぜ受験に失敗したのか…どうすれば合格したのか…と過去の話をする前に、「あなたは今のまま生きていて大丈夫、生きていればなんとかなるよ。」と子供の存在そのままを受け入れてほしいです。

高校受験は人生の通過点。これからも人生は続いていきます。

ちなみに私の父は、「もうどうすんの…」と狼狽える母に、こんなことを言っていました。

父

どうすんのって言ったって、しょうがねーべ!

受験にも子供にもあまり興味のなさそうな父でしたが、そんな父に救われた気がします。

ブログ村 人気ブログランキングはこちら♪
[temp id=2]

高校受験 受験ブログ・テーマ 高校受験

ABOUT ME
ヨメ
夫婦で脱サラをして東北の田舎に移住しました。実家の農業を継いで農業修行をしています。2人の娘・夫と4世代同居中。 会社員時代の経験や子育ての悩み、田舎ぐらしの楽しみ方を実体験を元にまとめています。