知育

RISUきっずのお試し体験口コミと評判|年中からのタブレット型先取り算数教育

risukids

RISUきっずのお試し体験の口コミと評判をまとめました

我が家の年中の娘は、現在こどもちゃれんじすてっぷを受講しています。

ヨメ
ヨメ
幼児教育の中では「高難易度」と言われている思考力特化コースで学んでるよ~

こどもちゃれんじをしていて、次のような点が気になっていたんですよね~

  • 最近、自分からやる!と言わなくなってきた
  • やり始めると一気にやり終えてしまう
  • 親がガッツリ付き添わなくてはいけない

そんな時に出会ったのが、年中後半から年長向けのタブレット算数学習「RISUきっず」です。

実際に2週間RISUきっずを体験してみて、娘はこんな風に変わりました!

  • 自分からRISUきっずをしたい!と言ってくる
  • 先取り学習が楽しそう
  • 親の付き添いは最小限で、自主的に取り組んでいる

朝日新聞やテレビなどで取り上げられて、今話題のRISUきっず・RISU算数。

年中・年長の子どもがいて、質とレベルの高い教材を探している!というあなたはぜひ読み進めてくださいね。

1週間の無料体験中RISUきっずを見てみる

RISUきっずは年中・年長向けのタブレット型算数教育

risukoushikiRISUきっず公式HPより

RISUきっず(読み方:リスキッズ)は、年中後半~年長向けのタブレット型算数教育です。

RISUには他にRISU算数というのもあって、これは小学校1年生~6年生までの算数の内容を扱います。

RISUは今大注目のタブレット型教育で、いろんなメディアに紹介されたり、子ども達がすごい成績を残しているんです。

RISUの実績

  • 算数検定や数学検定で満点者が続出!
  • 全国統一小学生テストでRISU算数の会員が全国1位を獲得
  • サービス満足度91.5%、学習継続率92.7%
ヨメ
ヨメ
めちゃくちゃすご~い!

RISUきっずの特徴を簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 算数に特化したタブレット型教育
  • 小学校1年生の算数前半内容を先取り学習できる
  • 知識だけでなく、思考力を育む問題がある
ヨメ
ヨメ
算数の基礎と応用をしっかり学べるような教材なんだね。

近年、子どもの算数教育がとっても大事!と言われるようになったのは知っていますか?

なんでも、小学校入学直後から算数が「好き!」と言える子は、自分は勉強全般を「好き!得意!」だと思ってることが多いんですって。

小学校入学後に勉強が好きな子どもになるには、小学校入学前に算数を好きになること、そして得意になることがとっても大事なんですね~

RISUきっずでは、小学校入学後の算数が楽しくなるしかけがたくさんあります。

次から詳しく説明していきますね~

RISUきっずを2週間体験した口コミ

risukids

実際に年中後半の娘がRISUきっずを2週間体験してみました!

娘の普段の学習環境を簡単にまとめるとこんな感じ。

  • こどもちゃれんじすてっぷの思考力特化コースを受講中
  • ワーク学習は比較的好き
  • タブレットに触った経験あり

また娘の学習レベルを簡単にまとめるとこんな感じ。

  • ひらがなとカタカナ、数字は読める
  • 1~100まで数をかぞえられる
  • 1桁のたし算はできるが、式の概念はなし

RISUきっずを使ってみた様子と、RISUきっずの特徴を合わせてご紹介します。

タブレットは子どもの憧れ

RISUきっずの体験を申し込むと、このようにタブレットとタッチペン、充電器、解説書が届きます。

risukids
ヨメ
ヨメ
タブレットを見た瞬間、娘は大興奮!「私の?私の?!」と嬉しそうでした。名前も登録できるから専用感を味わえます!

初回のみWi-Fiの設定をする必要があります。

設定が終わればすぐに学習を始められますよ。

タッチペンの操作は直感的にできるようになっているので、タッチペンを初めて使う子どもでもできますね。

12ステージで算数基礎力が身につく

RISUきっずには全部で12のステージがあります。

risukids
risustageRISU公式HPより

数の数え方と並び、たし算・ひき算、大きさの比較、時計の読み方、図形の仲間分けについて学習します。

各ステージには75問ほど問題があります。

75問と聞くと問題数が多いなぁ…!と思うのですが、1問ごとのボリュームは少なくて一問一答のものが多いです。

risukids

簡単な問題だと10秒ぐらい、時間がかかるものでも3分ぐらいあればできました。

なので「問題を解く→正解する」をサクサク進められるので、学ぶというよりゲームをしているような感覚ですね。

ヨメ
ヨメ
だから娘も楽しいようで、集中して問題を解き進めていたよ~

問題文は音声で読み上げてもらうこともできます。

risukids

なので、まだひらがなを読めない子どもさんでも、数字が読めれば一人で問題を解けますよ~

間違っても正解するまでやり直せる

タブレット学習で嬉しいのは、間違った問題がどれかはっきりと分かるところです。

全問正解していない問題は、こんな風に「50てん」と表示されて何度でも再挑戦することができます。

risumachigae

なので、子どもが自分で間違った問題を確認して、正解するまで問題を解くことができますよ。

ヨメ
ヨメ
紙の問題集だと、親が付きっきりでないと間違った問題の復習はむずかしいから助かるよね~

子どもが喜ぶ仕掛けがたくさん

RISUきっずには子どもが喜ぶ仕掛けがたくさんありました。

  • YouTubeみたいなレッスン動画が届く
  • カギを集めるゲーム的要素

YouTubeみたいなレッスン動画が届く

RISUきっずの問題を解いていると、ときどきレッスン動画が届きます。

risukids

これは、RISUきっずから個別に送られてくる問題の解説動画です。

risukids

RISUきっずでは娘の学習データをもとに、つまづきポイントや学習のアドバイスを動画で送ってくれるんです。

ヨメ
ヨメ
解説してくれるのは、なんと東大生などのトップ大学生なんだって~

正直、こういう解説動画が送られてきても娘は見るのかなぁ?面白いの…?と半信半疑だったんですよ。

でも見せてみてビックリ、めちゃくちゃ食いついて見てます(笑)

若いお兄さんとお姉さんに話しかけられてる感が嬉しいというのと、娘世代が大好きなYouTube感があるというのがポイントですね。

間違った問題の解説だけでなく、よりよい解き方のアドバイスもしてくれるので「こんどはこうやって解いてみる~!」とやる気アップにつながってます。

カギを集めるゲーム的要素

問題を解き進めると、こんな風にスペシャルカギをゲットできます。

risukids

そのカギを3つ集めると、難易度が高いスペシャル問題に挑戦できるんですね。

risukids

そのカギはいつプレゼントされるかわからない…なので娘は「カギがほしいからもっと問題する~!」とまたまたやる気アップさせられています(笑)

難易度が高いスペシャル問題は、パズルや暗号形式問題、なかには中学受験問題もあるようです。

risukids

じっくり思考力を鍛えることができていいですね。

ヨメ
ヨメ
この問題は、娘と一緒にじ~っくり考えました!わたしも悩んで、20分ぐらい(笑)

保護者へのフォローアップメールが届く

子どもの学習の進捗状況は、登録したメールアドレスに届くようになっています。

risukidsmail

タブレット学習だと、子ども一人にやらせっぱなし…なんて状況のこともありますよね。

フォローアップメールではこんな内容が届きます。

  • 今日解いた問題の内容
  • 具体的な褒め方・声がけの仕方
  • レッスン動画
  • 一定期間学習していないと教えてくれる

子どもだけでなく、親も一緒に学習していくサポート体制が整っています。

2週間の体験でできるようになったこと

年中の娘がRISUきっずを2週間体験してみて、こんなことができるようになりました!

  • 12ステージのうち6ステージクリア
  • たし算の式を読めるようになった
  • たし算がより早くできるようになった

なにより楽しくゲーム感覚で算数を学ぶことができたのがよかったですね。

ヨメ
ヨメ
娘はRISUきっずのことを「ポチポチする~!」と呼んでお気に入りになりました!

RISUきっずを全部クリアしたらRISU算数へ

RISUきっずの全12ステージをクリアしたら、RISU算数へ移行することができます。

もちろん年中でも年長でもOK。

先取りして小学校1年生~6年生の内容を学ぶことができますよ。

料金体系はRISU算数に準じるので注意してくださいね。

RISUきっずの気になる点

RISUきっずを2週間体験してみて、気になる点が2点ありました。

  • イラストがシンプル
  • タッチペンの感度が微妙

イラストがシンプル

RISUきっずの問題に出てくるイラストはシンプルです。

カラフルできれいなのですが、正直子どもがめちゃくちゃ食いつくイラストかというと微妙です。

risukids
ヨメ
ヨメ
我が家ではこどもちゃれんじを受講しているので、キャラが濃いしまじろうワールドと比べるとイラストへの食いつきは弱いと感じました。

ですがその分集中してサクサクと問題を解いていけるという利点もあります。

ゲーム感覚でサクサク問題を解いていくのが好きな子どもにはRISUきっずはとても向いていますね。

\1週間お試しできるよ/
RISUきっずを見てみる

タッチペンの感度が微妙

RISUきっずのタブレットは、このタッチペンで操作します。

risukids

このタッチペンの感度がちょっと微妙で、反応が悪い時があります。

娘ははじめ「あれ?動かないなぁ」と言うことがありました。

数日経つと、操作のコツをつかんだようで問題なくタッチペンを使えています。

ヨメ
ヨメ
タブレット型教材のスマイルゼミと比べると感度が悪い…という口コミもちらほら。数日で娘は慣れたのでそれほど問題ではなかったです。

今後タッチペンの感度がもっと良くなることを期待しています。

RISUきっずの料金

RISUきっずの料金は、月2,480円です。

支払い方法は年額一括払いのみになっています。

未就学児でもできる他の幼児向けのタブレット教材と料金を比較してみるとこんな感じ。

教材 月額料金 専用タブレット 特徴
スマイルゼミ 2,980円 9,980円 10分野
チャレンジタッチ 2,980円 無料 国数英
ワンダーボックス 3,700円 なし 感性・思考力STEM教育
FreeTime Unlimited(Amazon) 980円 なし 数千点の学習アプリ
RISUきっず 2,480円 無料 算数

値段は各教材でそんなに変わらないかなぁという感じですね。

ヨメ
ヨメ
とすると、一教科しか学べないRISUきっずの価格は高いのでは…?

いえいえ、RISUきっずのメリットは、先取り学習とレベルの高い算数教育を受けられるところです。

なので、どんどん先取り学習をしてRISUきっずを早くやり終えれば、次はRISU算数へ移行することができます。

ヨメ
ヨメ
我が家の娘はあと半月ぐらいでRISUきっずが終わりそうです!

先取りすればするほどお得になるし、むずかしい小学校受験や中学校受験レベルの問題にも挑戦することができます。

さらにRISUきっずのすごいところはこちら。

  • タブレットの費用は無料
  • 解約はいつでもOK、解約手数料は無料
  • 解約後もタブレットをずっと使える

タブレットの費用も解約手数料も無料、そしてなんと解約後も復習用にタブレットは返却しなくていいんですって!

ヨメ
ヨメ
めちゃくちゃ太っ腹~!

RISUきっずの一週間お試し体験クーポン

RISUきっずは通常、申し込み前のお試し体験はありません。

ヨメ
ヨメ
お試しなしで契約するのって不安だよね~

ですが、こちらのクーポンを入力すると特別に一週間のお試し体験ができます。

クーポン:duk07a

お試し体験後に契約をすれば、お試し体験料金は無料です。

体験後にやっぱりうちの子には合わないなぁと思ったら、一週間以内にタブレットを返品して1,980円(税別)を支払います。

RISUきっず・RISU算数の教材ははっきり言って、高い学習レベルを目指す子ども向けのタブレット教材です。

なので、RISUきっず・RISU算数がおすすめなのはこんなご家庭です。

  • 苦手になりやすい算数の先取り教育をさせたい
  • 小学校受験や中学校受験を考えている
  • 田舎でいい塾はないけど、子どもには高度な教育を受けさせたい

一つでも当てはまるのであれば、お試し体験をする価値ありです。

お試しクーポンつき/
RISUきっず公式HPはこちら

RISUきっずの評判をSNSで調べてみた

RISUきっずの評判をSNSで調べてみました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リス算数毎日コツコツやってます✏ 気づいたら引き算が出きるようになってる❗ #リス算数 #risuきっず #毎日勉強 #5才男の子

Asuka Arima(@asukaarima)がシェアした投稿 –

口コミで多かったのは、こんな感じ。

  • 子どもが夢中になって取り組んでいる
  • RISUきっずは思ったより簡単、すぐにRISU算数に移行した
  • レッスン動画に意外と食いつく

当然と言えば当然なのですが、子どもの学習レベルによってRISUきっずを簡単と感じるかむずかしいと感じるかはさまざまなようです。

ヨメ
ヨメ
我が家の娘は、ほどほど…という感じでした。あと2週間ぐらいでRISUきっずは完了しそうです。まだひき算や時計の読みはできないから、やりながら学んでいけたらいいな~

自分の子どもの学習レベルを確認する意味でも、お試し体験は必須ですね。

RISUきっずは年少3歳でもできる?

RISUきっずは年中後半~年長を対象としたタブレット教材です。

そこで気になるのは、年少の3歳ぐらいから先取りできるかな?ということ。

年少3歳から先取りする際に、チェックしておきたいのは次の2点です。

  • タッチペンを操作できるか
  • 数字は読めるか

タッチペンを操作できるか

RISUきっずではタブレットを専用のタッチペンで操作します。

こちらの方は、子どもが年少の時にRISUきっずをお試し体験してみたそうです。

子どもの月齢が低すぎると、このようにタッチペンでのボタン操作が上手くできなかったということもあるようです。

なので、お試し体験のときにしっかり確認する必要があります。

数字は読めるか

RISUきっずでは問題の文章読み上げ機能があります。

risukids

なので、ひらがなが読めない子どもでも問題はないです。

算数の問題なので、数字は読めないときびしいですね。

RISUきっずのお試し体験口コミまとめ

RISUきっずの特徴をあらためてまとめておきますね。

  • 算数に特化した年中・年長向けのタブレット教材
  • 小学校1年生の算数前半内容を先取り学習できる
  • 知識だけでなく、思考力を育む問題がある
  • 子どもが喜ぶ仕掛けがある
  • 親へのフォローアップ体制がある

こういう知育タブレットは子どもとの相性が一番大事です。

ぜひ一度お試し体験をしてみてくださいね~

一週間お試し
RISUきっずを見てみる

ヨメ
ヨメ
ツイッターでは田舎ぐらしの様子やブログの更新情報をお知らせしています♪ヨメ(@baribariyome)をフォローしてみてね~

 

ABOUT ME
ヨメ
夫婦で脱サラをして東北の田舎に移住しました。実家の農業を継いで農業修行をしています。2人の娘・夫と4世代同居中。 会社員時代の経験や子育ての悩み、田舎ぐらしの楽しみ方を実体験を元にまとめています。