田舎の手仕事

子どもが生まれたらメモリアル梅酒を作ろう!簡単20分でできる作り方

memorialumesyu

20歳になった子どもにプレゼントしたい自家製梅酒の作り方をまとめました。

ズボラで面倒くさがりなわたしが、7年前から続けていること。

それは年に1度の梅酒作り。

夫婦で大のお酒好きなので、自家製の熟成梅酒が飲みたい!と思って作りはじめました。

そんな私たちに、子どもが生まれてからできた夢は

「子どもが20歳になったら、0歳のときに仕込んだ梅酒で乾杯したい!」

子どもがすくすく元気に育ちますように、20年後まで家族みんなが仲よく暮らせますように…

そんな願いを込める自家製梅酒の作り方をご紹介します。

実際に手を動かして作業するのはたったの20分!

わたしのように料理が苦手な人でも簡単にできちゃいますよ。

簡単梅酒の材料と道具

簡単梅酒の材料はたったの3つ。

  • 梅 1kg
  • 氷砂糖 500g
  • ホワイトリカー 1.8L

準備する道具もたったの3つです。

  • 保存用瓶 容量4L
  • つまようじ
  • キッチンペーパー

梅 1kg

紀州特撰 南高梅 約1kg 大玉限定

梅が出回る時期はだいたい6月~7月です。地域によってちがいます。

梅はキズがついていないものを準備します。

熟していない青梅でも、完熟した梅でも作れますよ。

流通の関係もあり、スーパーに並んでいるのは青梅が多いです。

完熟した梅で作るとフルーティーな味わいになる!と聞くので、今年わが家は産直でゲットした完熟の南高梅に初挑戦。

nankouume

氷砂糖 500g

koorizatou

梅酒を作るのに適した砂糖は氷砂糖です。

その理由は2つ。

  • 雑味がなくて梅の風味をジャマしない
  • ゆっくり溶けるので、梅の成分が溶け出しやすい

氷砂糖はお好みで、200g~1kgぐらいまで

上級者は、グラニュー糖やはちみつで作るアレンジもできるそう。

ホワイトリカー 1.8L

whiterika

ホワイトリカーとは、無味無臭の焼酎のこと。

梅酒作りには、ホワイトリカーが適しています。

その理由は3つ。

  • 無味無臭で梅の風味をジャマしない
  • アルコール度数が高く、梅の成分が抽出されやすく熟成しやすい
  • アルコール度数が高く、カビが生えにくい

一般的に売っているホワイトリカーはアルコール度数35度です。

アルコール度数が35度以下になると、熟成が進みにくくなったりカビが生えやすいくなります。

ほかのお酒を使うときはアルコール度数に注意してくださいね。

保存用瓶 容量4L

hozonbin

長期保存ができるように、フタがしっかりしまって密閉できるガラス容器がおすすめです。

材料を入れたり取り出しやすいように、口が広いものがいいです。

つまようじ

梅のヘタをとるときに、つまようじが必要です。竹串でも代用可。

キッチンペーパー

梅や瓶の水気をふきとるのに、キッチンペーパーが必要です。清潔なふきんでも代用可。

簡単梅酒の作り方!手を動かす時間はたったの20分

梅酒の作り方は、簡単な5ステップです。

  1. 梅を水洗いする
  2. 梅のヘタをとる
  3. 梅の水分をふく
  4. 保存瓶を洗って消毒する
  5. 材料を瓶に入れる

梅を水洗いする

umearau

梅をよく水洗いします。

一般的な青梅の場合、2時間~4時間ほど水につけてアク抜きをします。

少し完熟して黄色味がかった梅は、アク抜きする必要はありません。

梅のヘタをとる

umehetatori

つまようじで梅のヘタをとります。

ヘタから雑菌が入らないように、丁寧にとってください。

梅の水分をふく

キッチンペーパーで、梅の水分をしっかりふきます。

水分が残っていると、梅酒がくさる原因になるので注意です。

水分をふきとったら、キッチンペーパーの上に並べて乾かしておきます。

日かげで半日ほど乾かすと、十分に水分がなくなります。

umekawakasu

保存瓶を洗って消毒する

保存瓶を洗剤で洗ったら、瓶を乾燥させます。

自然乾燥か、キッチンペーパーで水を拭き取ります。

次に消毒をします。

瓶に雑菌がついていると梅酒がくさる原因になるので、瓶の消毒は必須です。

消毒の仕方は、大きく3種類あります。

  • 熱湯(煮沸)消毒
  • アルコール消毒
  • ホワイトリカーで消毒

熱湯(煮沸)消毒は、大きい鍋などに瓶を入れてグツグツ煮て殺菌する方法です。

お家に大きい鍋がなかったり、熱湯厳禁の瓶の場合はできません。

ヨメ
ヨメ
わが家の瓶は、熱湯厳禁だったよ!

その場合、簡単でおすすめなのがアルコール消毒とホワイトリカーでの消毒です。

アルコール消毒

消毒用エタノールを瓶にまんべんなく吹き付けてから、キッチンペーパーでふき取ります。

ホワイトリカーでの消毒

ホワイトリカーを少し瓶の中に入れて、回しながら全体に行きわたらせます。

瓶の中のホワイトリカーを捨てて、キッチンペーパーでふき取ります。

キッチンペーパーでふき取るときは、手が直接瓶に触れないように注意してください。

調理用の手袋がある人は、つけると作業がしやすいです。

材料を瓶に入れる

umekougoni

梅、氷砂糖を交互に入れます。

そしたら、ホワイトリカーを少しずつそそぎます。

rikasosogu

簡単梅酒を長期保存するためのメンテナンス

作った梅酒をおいしく長期間保存するには、作ったあとのメンテナンスが大切です。

気をつけたいポイントは3つ。

  • 冷暗所に保管する
  • 氷砂糖が溶けるまでは一日一回、瓶を回す
  • 梅の実は3ヶ月で取り出しOK

冷暗所に保管する

フタをして密閉した梅酒は、冷暗所に置きます。

ヨメ
ヨメ
冷暗所ってどんなとこだろう…?

梅酒のプロの山本さんによると、直射日光だけは避けて常温保存でOKだそうです。

わが家は、リビングにつながっている屋根うら部屋に置いています。

氷砂糖が溶けるまでは一日一回、瓶を回す

作った梅酒は、氷砂糖が溶けるまでは一日一回瓶をやさしく回して混ぜましょう。

作って1週間ぐらいたったものはこんな感じ。

umesyu1week

氷砂糖がまだ少し残っていますね。

氷砂糖が溶けたあとは、ときどき混ぜてあげる程度でOKです。

梅の実は3ヶ月で取り出しOK

梅の実のエキスは、梅酒を仕込んでからほぼ3ヶ月ほどで抽出されます。

なので、約3ヶ月がたったら取り出してもOKです。

長期間保存すると、梅の実がくずれて濁ってしまうので、頃合いを見てとり出すようにしましょう。

ヨメ
ヨメ
わたしは取り出すのが面倒で、3年入れっぱなしだわ(笑)

さらに簡単に梅酒を作る便利グッズ

梅酒作りをもっと簡単にする神グッズがこちら。

保存瓶の中にすでにホワイトリカーが入っているセット。

これがあれば、瓶の洗浄と消毒をする必要がないのでもっと簡単に梅酒を作れます。

ホワイトリカー入り瓶を使った場合

  • 購入する材料は梅と氷砂糖のみ
  • 面倒な瓶の洗浄と消毒がいらない
  • 梅の水洗い・ヘタとり・乾燥をしたら、氷砂糖と一緒に瓶に入れるだけ!

わが家も、長女が生まれた2016年にこれを使っています。

kantanumesyu

ふつうに作るより作業時間が半分ぐらいになるので、小さな子どもがいるお家や梅酒づくり初心者におすすめです。

わが家の自家製梅酒コレクション

わが家は2013年から梅酒作りをはじめました。

左から、2013年、2014年、2015年、2016年。

umesyu2016-

2013年はまだ結婚してなくて、旦那さんの狭いアパートで一緒に作りました。

2016年は長女が生まれて4ヶ月ぐらいのときに作ったもの。

パパがひざの上にのせて、作っていた記憶が(笑)

2017年は、残念ながら梅酒を作っていません。

この年は、わたしが育休から復職してとても体調がわるかった時期。

家族みんながこころの余裕がなくて、梅酒を作れませんでした。

体調がよくなった今振り返ると、無理してでも作っておけばよかったなぁなんて思いますが、「この年はこんなことがあって作れなかったんだよ~」と振り返って話せるのもいい思い出かな?と感じています。

こちらは左から2018年、2019年そして今年2020年。

umesyu2018-

2019年は次女が生まれて半年のときに作ったもの。

こうやって見てみると、仕込みの時期や梅の種類でけっこう梅酒の色がちがいます。

味もすこーしずつちがうんですよ。

長女と次女が生まれた年に作った梅酒は、毎年それぞれの誕生日の日に旦那さんと一緒に乾杯して飲んでいます。

0歳のときはほんと寝なくて大変だったよね…

朝まで抱っこを交代しながら寝かしつけしたよね…

なんて娘たちの話をしながら飲む梅酒は、どんなお酒よりもおいしくてしあわせな気持ちにしてくれます。

娘たちが20歳になったら、子育ての思い出とともにおいしい梅酒をプレゼントしたいと思っています。

簡単梅酒の作り方まとめ

20歳になった子どもにプレゼントしたい自家製梅酒の作り方をご紹介しました。

とっても簡単に自家製梅酒を作るための材料はこちらです。

ぜひ世界にひとつだけのメモリアル梅酒を作ってみてくださいね。

ヨメ
ヨメ
ツイッターではブログの更新情報をお知らせしています♪ヨメ(@baribariyome)の日常もつぶやいていますよ~

ABOUT ME
ヨメ
夫婦で脱サラをして東北の田舎に移住しました。実家の農業を継いで農業修行をしています。2人の娘・夫と4世代同居中。 会社員時代の経験や子育ての悩み、田舎ぐらしの楽しみ方を実体験を元にまとめています。